A Random Image

お知らせアーカイブ

施設と設備

湘南の風が吹き抜ける貝殻型の校舎


 湘南学園創立80周年記念事業として、2012年8月末に小学校新校舎が完成しました。「校舎が子どもたちを育てる」、そんな校舎をさまざまな人たちと協力しながら作りました。

 新校舎は全体に北欧の影響を強く受けるとともに、湘南の風土を生かし、貝殻をモチーフにしたユニークな外観を持っています。

調べ学習の核となるメディアセンターを中心に、普通教室や特別教室と、オープンスペースなどの動線が取り囲むようになっています。メディアセンターは図書室とPC教室を兼ねた空間で、学びの広場として活用できるように整えられています。湘南の風が通り抜けるように、いろいろな場所から見えるように、さまざまな開口部が設置されています。

 普通教室は一般的な小学校よりも、大きな空間となっています。教室は貝殻のような円弧状に配置されており、教室同士の間に生まれる隙間の空間を利用し、教室内に先生の仕事をするコーナーと児童用のロッカースペースを設けています。机が並ぶ部分は学びの場として白く明るい空間に、ロッカースペースなどは生活の場として木調の落ち着いた空間になっています。オープンスペースとの間に可動する仕切りがあり、教室の開放性と独立性のどちらも維持しています。

 教室と連続したオープンスペースは円弧状となっており、1学年3クラスを一度に見渡せる視認性をもちながら、奥行きが感じられる変化のあるスペースとなっています。各教室のPCコーナーの壁は学年のサインカラーが配色されており、空間の形状を際立たせリズム感を与える仕組みとなっています。入学してから卒業するまでの6年間を過ごす場所として、変化と彩のある学習や生活空間になるように配慮されています。

 特別教室は教科の雰囲気を大切にし、科学実験室のような理科室、ホールのような音楽室、工房のような図工室など、好奇心や学ぶ楽しみを刺激する工夫がなされています。

 他にもエコスクール活動に取り組む学校として、校舎に湘南の気候風土を利用し、児童が身近に感じられる省エネの工夫をいくつか行っています。たとえば3階の理科テラスに畑のために水やり用の雨水集水樽を設置したり、太陽光発電のためのパネルが設置されたりしています。

新校舎紹介」ページも併せてご覧ください。


ICT機器の積極的な導入

 科学技術の発達によりさまざまなICT機器が手軽に利用できるようになりました。教育の現場でも、これらの機器を利用したさまざまな取り組みが始まっています。湘南学園小学校でも新校舎の増改築に合わせて導入しました。

 通常教室には黒板に投影できるプロジェクターを全教室に設置しています。授業では国語のデジタル教科書を投影し利用したり、教材を書画カメラで大きく見せたりしています。子どもたちがより授業に集中できたり、興味や関心が持てるように環境を整えています。

 メディアセンターは図書室とPC教室が合わさった「調べ学習の基地」として利用されています。蔵書の検索ができるよう整理されており、インターネットに接続できるPCも設置されています。子どもたちの興味関心に応じた調べ学習が可能なスペースとなっています。

 各教室前には子どもたちが休み時間に利用できるPCが設置されています。子どもたちは日常的にPCに触れることによってICT機器の利用について学んでいます。インターネットへの接続も可能ですが、フィルタリング機能によって不適切なサイトは見られないようにしています。