A Random Image

グローバル教育

湘南学園独自のグローバル教育

湘南学園は、2013年にユネスコスクールに加盟。2015年春にスーパーグローバル(SGH)・アソシエイト校に指定されました。

これまでカナダ・オーストラリア・イングランド・韓国・ポーランド・リトアニアなどの国々に渡航する“グローバル・セミナーズ”を実施し、本年度からは新たに台湾セミナーを実施する予定です。さらに、3年前から国際ロータリークラブと提携し、台湾への青少年交流ツアーやブラジルやスウェーデンとの間で1年間の長期交換留学を実施しています。そして本年度新しく「国内イングリッシュキャンプ」を新設したほか、国際交流に積極的に取り組む「グローバルサークル」を発足するなど、「グローバル市民の育成」を積極的に目指しています。



★世界を肌で感じる「グローバル・セミナーズ」
湘南学園では、6年間のなかで、自分に合ったオリジナルの国際交流プログラムを組み立てることができます。

⇒詳しくはコチラ
 
★国内でも英語漬け「国内イングリッシュキャンプ」
国内で参加できる夏休み期間に行われる中学生向けのプログラム。ネイテイブ英語講師の指導のもと、英語をコミュニケーションツールとして意思疎通する英語漬けの機会を存分に設け英語力のスキルアップを目指します。


★学内でも世界を感じる「学内国際体験」
湘南学園では、海外セミナーだけでなく、学内において気軽に参加できる「国際交流体験プログラム」を年間を通じて積極的に取り組んできています。

*オーストラリアノックス校ジャパンツアー受け入れ  *中国昆明大学生招待
*国内留学生とのワールドカフェ(実績:アイスランド・ドイツ・中国・リトアニア)
*オーストラリアマックロバートソン女子校のジャパンツアー受け入れ(2015年6月)
*台湾セミナーでの訪問先「宜蘭青少年國樂團」をお招きしての交流活動(2015年7月)

 ⇒ グローバル教育関連の『学びブログ』はコチラよりご覧ください

 
★生徒主体の活動の推進「グローバルサークル(SGC)」設立
部活動とは別の組織で、2015年に立ち上げた新しいサークルです。英語力を向上させるためだけでなく、グローバル社会に活躍できるために必要な視野を広げる活動も行いたいと考えています。これからの時代に求められる「課題を見つけ、解決する能力」を養い、「あたり前と思い込み」から自由になり、柔軟な発想ができるようなアクションプランを立てて実行していくことを基本コンセプトとしています。慶応大学の研究会に参加するなど校外活動を行い、徐々にその活動の幅を広げていっています。

こちらもあわせてご覧ください。
【グローバルセミナー参加生徒インタビュー映像】