A Random Image

英語

<教科の特色>
 中高一貫の特性を活かし、中1から高1までの4年間で大学生活、そして将来の仕事に活きる“実用的な英語”を学びます。そして仕上げである高2・高3の2年間で大学進学に必要な知識を養い、大学受験に向けての準備を十分に行います。
 中1では英語圏の文化・習慣から興味ある分野を、中2では周りの人や身の回りの事柄についての変化や自分の考えを、中3では英語を使う人々の考えを知り視野を拡げ、それについての自分の考えを、高1では英語を使う人がどのような意図でその単語を選び、表現しようとしているのかを汲み取る中で学ぶ英語表現を基にTPOに応じた英語を使って、自分の感情や考えを、それぞれ表現できるようにします。高2では体系的に自分の英語能力に向き合えるように、高3では基本事項の問題解決を自力で行い、難易度の高い英語に取り組めるようにします。

<こだわりポイント>
 各学年、教科目標に沿った指導を行っておりますが、特に中学校では通常の英語の授業が週5時間、これに加えて週1時間英会話の授業があります。湘南学園ではこの英会話の授業を「ネイティブの教員1名+日本人教員1名によるティームティーチング」と「ネイティブの教員1名によるソロの授業」の併用という形で行っています。
 また、教員間で連携して、質の高い英会話の授業を心がけています。その他、中高全体を通した取り組みとして、海外セミナーにおける英語力向上を目指す英検対策講座(一次・二次共に)を英検前に開講しています。


<中高の学びの流れ>
 学年ごとの学習項目は以下の通りです。
 
【中1】be動詞(現在形)の平叙文・否定文・疑問文・疑問詞を含む文/一般動詞(現在形)の平叙文・否定文・疑問文・疑問詞を含む文/名詞の複数形/命令文/Let’s ~の文/人称代名詞/3人称単数の平叙文・否定文・疑問文/助動詞を含んだ平叙文・否定文・疑問文/現在進行形の平叙文・否定文・疑問文/一般動詞の過去形の平叙文・否定文・疑問文・過去形の動詞について

【中2】一般動詞の過去形(不規則動詞)/be動詞の過去形の平叙文・否定文・疑問文/接続詞の文/過去進行形/未来形/I think (that) ~の文/There is(are) ~の文/不定詞の3用法/基本文型/比較級・最上級/受動態・動詞の活用

【中3】受動態/現在完了/不定詞副詞的用法/第4・第5文型/関係代名詞(主格・所有格・目的格・目的格省略/分詞(現在・過去)/不定詞を含む慣用表現/間接疑問文/疑問詞+ to-V
 
【高1】現在完了形/不定詞/動名詞/関係代名詞/関係詞what/分詞/過去完了形/動詞+(名詞)+if[whether]節/関係副詞/受動態/It is 形容詞 ~/同格that/過去の習慣would/分詞構文/動詞+現在分詞[過去分詞]/使役構文/whatever, whoever,whenever, whereverなど/形式目的語it/関係代名詞非制限用法/比較表現/仮定法過去/動詞+名詞+過去分詞/現在完了進行形

【高2】関係副詞の非制限用法/最上級の表現/助動詞/完了形の分詞構文/as if仮定法/否定表現/過去完了進行形/If it were not for ~/仮定法過去完了/I wish仮定法/無生物主語/前置詞+関係詞/倍数表現/未来表現/ifのない仮定法/さまざまな動名詞/副詞的表現とその位置/過去分詞で始まる分詞構文/さまざまな不定詞/with + 名詞 +~(付帯状況)/with have done /結果を表す不定詞/省略/suggest[demand] + that +主語+(should)*+動詞の原形/be to-V/挿入/倒置/未来における仮想状況

【高3】分詞構文/過去完了/省略構文/if省略/強調構文/仮定を表す語句/仮定法過去完了/形式主語・形式目的語のit/同格/前置詞+関係代名詞/二重否定/and, butなどで結ばれたthat節/無生物主語/名詞構文

 
◆ 英語 カリキュラム補足