A Random Image

情報

<教科の特色>
 インターネットやメール、ブログやツイッター、SNSなど日常の中の情報化がめざましく進展しています。今後、私たちは情報化社会の中で生活していかなければなりません。そのためにも情報の授業では、情報の基本的な内容をしっかり学び、どのように情報を活用していくか、また、人とのつながりを考え、情報の活用の知識や技術を学んでいきます。
 「社会と情報」では、情報活用の実践力、情報の理解、情報社会に参画する態度を身につけることを学習していきます。定期的に実習を取り入れ、情報を伝達するためのソフトウェアの使い方や操作法を学習したり、情報発信の注意点や個人情報の取り扱いなど情報モラルに関する内容など、幅広く学びます。

<こだわりポイント>
情報=コンピュータと思っている人が多くいます。コンピュータはあくまで道具です。情報という教科は、情報とは何か、どのように扱うかを学ぶことが中心です。生徒たちはケータイやスマートフォンを持っている生徒が多くいます。情報の受信だけではなく、情報の発信についても授業を通して考えていきます。
 また、マナーやモラルなどを考えたり、情報リテラシーをしっかり学んだり、生徒たちが情報化社会の中でよりよく生活していけるように授業を展開していきたいと思っています。


<中高の学びの流れ>
 高等学校1年生と2年生で学習します。科目は「社会と情報」を学習します。
【単元と学習内容】
1. 情報社会とわたしたち
 情報とは データとは 知識 知識基盤社会
 情報の光と影
 個人情報とその保護
 情報を扱う責任
 情報とメディア
   メディアの種類と特徴
   メディアリテラシー
 情報機器
 
2. 情報機器とディジタル表現
 アナログとディジタル
 ディジタルの表現
 
3. 表現と伝達
 表現の工夫
 表計算の利用
 プレゼンテーション
 Webページ
 
4. コミュニケーションとネットワーク
 いろいろなコミュニケーション
 ルールとマナー
 ネットワークの特性
 
5. 法規とセキュリティ
 知的財産権
 様々な法律
 情報セキュリティ
 
6. 情報社会と問題解決
 社会における情報システム
 情報社会の課題
 問題解決