A Random Image

数学

<教科の特色>
 湘南学園中高数学科では6年間の学習を通して、大学受験に必要な数学力を身につけることにとどまらず、生徒が社会に出たときに、物事を整理し論理的に考え、それを相手に伝えられる力を養うことを目標としています。そのために、単に公式を覚えさせ問題が解けるような授業を行うのではなく、「なぜその公式を使うのか。」「どのような道筋で考えていくのか。」「その内容が世の中の何に通じているのか。」などの事柄を大切に授業を展開しています。

<こだわりポイント>
 中学では「代数」と「幾何」に授業を分けて行っています。中学生では、単にノートと鉛筆での授業ではなく、立体の模型を実際に見せたり、自分で何かを作ったりなど、手を動かす作業をなるべく取り入れ、数学に興味関心がもてる工夫をしています。さらに、低学年段階で理解度の遅れをなるべく出さないために、定期的な補習や定期試験前の補習も行っています。中学3年生から高校の内容に入りますが、数学科としての目標を大切に授業を展開しながら、具体的には学力を上げるためにHR前の希望制朝講習を多く開講したり、授業で発展的な問題を取り上げるなど、大学入試へ向けた授業作りに励んでいます。


<中高の学びの流れ>
 中学校では数学の授業を代数系の授業と幾何系の授業とに分けて、週3時間ずつ合計6時間学びます。マイナスの数の学習から始まり、中学入試で使用した鶴亀算や旅人算、植木算などの個別の考え方から、xやyなどの文字を使う方程式での解き方を学んでいきます。さらには2つのものの移り変わりを捉える「関数」を学んだり、三角形や四角形、円などの図形の特徴や、「何となくそうなる…。」というようなことを論理的に説明する「証明」という分野も学びます。そして、それらの本来中学生で習う内容については中学2年生までで概ね終了し、中学3年生からは、高校の内容である数学Ⅰ・数学Aに入っていきます。

 高校1年生では週5時間の授業のなかで、数学Ⅰ・数学Aを引き続き学習し、数学Ⅱ・数学Bにも入っていきます。高校2年生からは文系コース・理系コースに分かれますが、文系では週4時間の授業で数学Ⅱ・数学Bを学習します。理系では週7時間の授業で数学Ⅱ・数学Bを学習し、終了次第数学Ⅲの内容に入っていきます。文系・理系に限らず数学Ⅱ・数学Bまでは全員が学習するカリキュラムです。高校3年生では、文系コースでは数学の必修授業はなく、大学受験で必要な生徒を対象に選択授業として設定し、受験に必要な学力を養います。理系コースでは、全員必修の演習授業が週5時間と、数学Ⅲの選択授業が週4時間あります。大学受験を見据えて、大学入試問題の演習に力を入れていきます。

 
◆ 数学 カリキュラム補足

◆ 朝講習と夏期講習の一覧