A Random Image

技術

<教科の特色>
「技術家庭科」の「技術分野」です。
 私たちの生活は、これまで多くの人たちが夢を描いて、それを実現するための研究と技術の発展に支えられています。私たちもよりよい社会にするために、そして多くの人たちが幸せになれるように、一人一人が努力していく必要があります。
 その中で技術の役割は、生活に必要な技術や知識を学び、生活の中での問題解決する方法を考えていきます。この知識が社会に出たときに役立ってくれることを願っています。

<こだわりポイント>
 この教科は知っているだけではなかなか理解することはむずかしいです。やはり、実際に作業を行うことで理解が深まってきますし、知識も深まります。
 ただ作るだけではなく、どのように加工するか、工具は何を使うか、工具はどのような仕組みになっているのかを学びながら、実際に物作りをしていきます。
 また、情報の分野では、情報とは何か、情報をどのように扱うかなどの基礎的なことを学んでいきます。情報=コンピュータではなく、コンピュータは情報を扱うための道具であることを理解させていきます。


<中高の学びの流れ>
 技術は4つの単元からなっています。

1. 材料と加工
ここでは物作りの基本を学ぶとともに、設計や製作、工具の使い方を学びながら木材を使って、本立てなどを実際に作っていきます。この製作は、15~16時間をかけてtていねいに作っていきます。
 
2. エネルギー変換
私たちの社会は電気エネルギーを中心とした社会です。ここでは電気の基礎知識から、家庭の電気などを学んでいきます。ここでははんだ付けという作業をしながら電子回路を組んでいきます。
 
3. 生物育成
来年度から、ハーブの栽培を計画しています。育てたハーブを家庭科の調理実習で使おうと思っています。
 
4. 情報
情報とは何か、情報をどのように扱ったら良いかなどを扱います。また、コンピュータを使用して、情報の処理の仕方などを学んでいきます。
 
中学1年生では、全員技術を学びます。
 単元は、1.材料と加工 4.情報 を学習します。
 
中学2年生は、全員家庭科を学びます。
 
中学3年生では、全員技術と家庭科の両方を学びます。
 単元は、3.エネルギー変換 4.生物育成 を学習します。