PTA会長からのご挨拶

2017年8月17日(木) 更新

PTA会長の近藤えり子と申します。

湘南学園は昭和8年の創立以来、建学の精神である「個性豊かにして身体健全 気品高く 社会の進歩に貢献できる 明朗有為な実力のある 人間の育成」に沿った教育を実践してきました。そして、その教育に寄り添い活動を続けて参りました湘南学園PTAは、皆様方のご支援・ご協力により、創立71周年を迎えることが出来ました。

教職員と父母の手で運営されているユニークな総合学園と言う特色を活かして、保護者と教職員が一緒に考え、コミュニケーションを図りながら、次の時代に立ち向かえる様にしていきたいと思います。

さて、湘南学園にお世話になるようになり15年が過ぎました。その間、PTA活動でご一緒させていただいた方々は千名を超え、互いに支え合って学園生を見つめてまいりました。

自分の力では乗り越えられないことも、先輩方に、手を差し伸べていただきました。皆んなで描いた夢に向って、決して諦めることなく前を向いて取り組むことが出来たのではないかと思います。素晴らしい方々との絆こそ湘南学園の宝物であり、私はそのご縁をいつまでも大切にしたいと心掛けております。

せっかくのご縁に出逢っていても、気付くことができなければ結ばれません。またご縁に気づいても、何も行動を起こさなければ、良い方向へと導かれることはないでしょう。

幸せとは、どれだけ豊かで温かなご縁をもって生きているかということではないでしょうか。

これからも感謝の気持ちを大切にしながら、学園の子ども達のために、たくさんのご縁を結び、大きく拡げていきたいと思います。