A Random Image

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

学びBlog

魚の解剖

2018年10月18日

先日の地引き網でとれた大量のコハダ達にご協力いただき
一人一匹ずつ解剖をして、魚の体のつくりについて学びました。

臭いや初めて見る臓器に、それなりの反応があるかなとも思っていましたが
「命をいただいたんだね」と話しただけで
過剰な反応もなく、とても真剣に向き合う姿が見られ、
また、「お魚さんありがとう」という声が聞こえたりもしました。

まずは、ヒレや鱗などの外側の観察。

その後少しずつ開いていって、エラや各臓器の観察をしました。


心臓や浮き袋を見ることもでき、
興味を持ってじっくりと観察する姿が見られました。

「鱗をこっちから撫でるとツルツルだけど、逆だとザラザラするよ」

「口を動かすと、エラも一緒に動くよ」
「皮が意外に厚い!」
などなど、発見が尽きません。

最後に、開きにして塩水に漬け、干物作りをしました。

17日にやったクラスと18日にやったクラスの物を比べると

たったの一日で、すっかり干物になることや

〝干物〟の形として知っていた形が、実は魚の頭までを半分にした形だったといこと
生臭かった魚の臭いが、すっかり干物の臭いになっていること
外に干していてもなぜかカラスに狙われないという疑問など

たくさんの発見がありました。

 

今回は残念ながら衛生面上、食べることはできないと伝えると
とても残念そうにしていた子ども達。

3学期の社会科「昔のくらし」で七輪を試す時には
干物を焼いて食べたいなと、こっそり考えています。