心の風物詩 new

2021年6月22日
心の風物詩

「昨日ね、蛍見たよ。」 1年生の女の子が教えてくれました。場所は、僕の自宅から歩いて10分ほどの所にある「広町の森」でした。広町の森は鎌倉山から七里ガ浜や鎌倉高校前に広がる森です。森の中には樹齢200年とも言われている大 […]

続きを見る »

プールが開いた new

2021年6月18日
プールが開いた

小学校のプールに子どもたちの歓声が戻ってきました。 まだ冷たい水の中で頑張っている体育の先生には申し訳ないのですが、プールサイドで眺めていると、青空と子どもの笑顔でのんびりした気分になります。 水泳の授業は、子どもの泳力 […]

続きを見る »

稲作-相原農縁で学ぶ-其の弐

2021年6月15日
稲作-相原農縁で学ぶ-其の弐

「こんな所に田んぼがあるのんだ?」 相原農場の田んぼに到着したほとんどの人が、そう思ったに違いないでしょう。相原さんの田んぼや畑は、住宅や小さな工場が建ち並ぶ所にあります。実際、僕も初めて訪れたときは同じ感想を持ち、相原 […]

続きを見る »

はじめての絵の具

2021年6月11日
はじめての絵の具

絵画室の前を通ると、水を打ったように静かでした。 不思議に思い中を覗くと、1年生が初めての絵の具にチャレンジしていました。 僕が教室に入っても気がつかないくらい集中しています。 パレットには自分の好きな色が数色出されてい […]

続きを見る »

藤沢めだかの学校

2021年6月8日
藤沢めだかの学校

小学校時代の下校途中の寄り道で、里山で過ごしたことが愉快な思い出のひとつです。 だから、身近にたくさんの生きものを感じながら毎日を過ごしました。 田んぼには蛍がいて、雑木林にはクワガタがいて、今では全く見なくなった玉虫が […]

続きを見る »

稲作-相原農縁で学ぶ-其の壱

2021年6月4日
稲作-相原農縁で学ぶ-其の壱

相原農場の相原成行さんが来校されました。 相原さんは藤沢の北部で有機農法を用いてお米や野菜を作っています。5代続く農家です。 今日は5年生の稲作の事前授業です。 相原さんは僕が子どもたちに一番会わせたい人です。 僕と相原 […]

続きを見る »

「目指すべき場所」

2021年6月1日
「目指すべき場所」

「選ばれた場所」 そこへゆこうとして ことばはつまずき ことばをおいこそうとして たましいはあえぎ けれどそのたましいのさきに かすかなともしびのようなものがみえる そこへゆこうとして ゆめはばくはつし ゆめをつらぬこう […]

続きを見る »

江ノ島磯観察

2021年5月28日
江ノ島磯観察

「カニ発見ー!」、「魚いたー!」、「ヒトデ~」 江ノ島の西にある「西磯(にしいそ)」から子どもたちの明るい声が響きました。 3年生が江ノ島へ磯観察に行きました。 今日は海が少し荒れていたので心配しましたが、潮回りがよく磯 […]

続きを見る »

児童による児童のための学校

2021年5月25日
児童による児童のための学校

日本初の小学校開校は、国の正式な学制による3年前の1896年5月21日に京都で創立されました。その誕生は、地元有志の寄附や寺社の敷地の一部で賄われ、校舎も民家と変わらないものでした。思うところ、成り立ちは湘南学園と同じよ […]

続きを見る »

縦割り社会科

2021年5月21日
縦割り社会科

3年生から5年生の社会科の授業を順繰り見ました。 3年生は「地図記号」の学習です。担任の冨田先生の「この地図記号は何でしょう?」から始まり、「なぜこのような印にしたのでしょう?」といった質問が続きます。病院の地図記号が出 […]

続きを見る »
Page 1 of 94
12345»102030...Last