いざ奈良・京都へ

2021年11月24日

 6年生が修学旅行へ向けての取り組みをしてます。
 今日(5月24日)はタクシー行動の見学コースを決めていました。旅行会社の方に来校していただき、直にアドバイスをもらいます。
 タクシー行動とは、、4人で1グループをつくり貸し切りタクシーに乗って神社仏閣を巡るという、まさに「大人の京巡り」のような贅沢さがあります。さらに、教員はタクシーに乗車しないので、子どもたちにとってこの上なく”いい旅夢気分”なのです。もちろん瞬時にタクシーの運転手には連絡が取れるようになっています。(笑)プランができたグループから学習室に行き、旅行会社の方へアドバイスを求めます。見学時間だけではなく、駐車場から見学地までの所要時間まで考えるように言われます。限られた時間をいかに有効に使うかの話に、子どもたちも「なるほど!」と目がキラリ。プロの方の一言一言に前のめりになっていきます。教室へ戻りながら「こうしよう、ああしよう。」という声が聞こえました。子どもたちのタクシー行動の期待は高まるばかりです。

 
 実は、上記の文は5月26日の段階でここまで書けていたのです。それはもちろん予定通り修学旅行へ行くつもりだったので・・・しかし、残念ながら京都府に緊急事態宣言、神奈川県に蔓延防止処置が発出されてしまったので、修学旅行は11月に延期となってしまいました。
 けれども、やっとこの校長日記が日の目を浴びる時がきました。明日、京都・奈良に出発します。今年度の6年生にとっては、4年生の「山の学校」以来の宿泊学習です。当時は僕が担任として引率をしました。随分と待たせてしまったなあと思います。それでも6年生はこの間、1年生のお世話をし児童会で活躍し下級生を引っ張ってくれました。ですから、今回は自分のために楽しんで、学びを修める旅にしてほしいと思います。