A Random Image

カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

校長日記

星に願いを

2020年7月7日

今日は七夕です。

朝のHRの時間には、集会委員会の子どもが七夕にちなんだクイズを出してくれました。

校舎内には七夕の笹竹が飾ってあります。

1年生の廊下には、習ったばかりのひらがなで書かれた短冊が下がっています。

3年生の教室の前には、大きなクリスマスツリー張りの七夕が飾れていました。

吹き抜けを突き抜けるようにまっすぐ天に向かって立っています。昼間は天窓から射し込んでくる陽射しを受けて、ぐんぐんと竹が伸びる勢いを感じます。

実はこの笹竹は、近所にお住まいの高橋様から頂いたものです。とても驚いたのは、高橋様のお孫さんの名前が、僕と同じ「しゅうせい」だったことです。またひとつ幸せになる縁ができました。

数日前のこと。はてさて、夜はどうなっているのだろうか?と思い、暗くなってから見に行きました。

二階の玄関を通り過ぎ、左に曲がると3年生の教室があります。

「!!!」

天窓から射しこむ月明かりが、神秘的に笹竹を照らしていました。

この日の翌日は満月でした。

 

「ともだちがいっぱいできますように」、「くーきーやさんになれますように」(たぶんクッキー屋さん笑)、「そらがとべますように」、「6年生までにリレー選手になれますように」、「コロナがなくなりますように」、「かぞくみんなずっとしあわせに元気にくらせますように」

 

1年生と3年生の願いです。

夜空ノムコウに、夢があります。希望があります。

子どもたちの願いが叶いますように・・・