A Random Image

カレンダー

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

校長日記

心の芽

2020年12月19日

2学期の終業式。
この日は「のびる芽」を渡す日でもあります。

ゆたかな可能性をひそませている心の芽は、
多彩に無限に伸びます。
ひとりひとりの個性が、
社会との関わりの中で、
自ら学び、自らつくりだそうとする意欲を、
開花させることが大切です。

のびる芽にはこのような文が添えられています。

校舎内を巡ると、のびる芽を手渡している光景に出くわします。
担任の先生と子どもの間にできる僅か80㎝の距離に、何とも言えない空気が流れます。緊張というか、気恥ずかしさというか、独特な空気感です。差し出されたのびる芽を「ありがとうございました。」と、丁寧に頭を下げ両手で受け取っている子がいます。そのかしこまっている子どもの姿が微笑ましく感じます。渡されてそっと覗き込んでいる子や、気にせず友だちに見せている子など.のびる芽渡しの様子は様々です。
5年生のSくんが、もらったばかりののびる芽を見せに来てくれました。何より嬉しかったのは、Sくんの欠席数が0だったこと。


僕の願いはただ一つ、みんなが元気に学校へ来てくれることです。
焦る必要はありません。
自分が「今だ!」と思ったときに花を咲かせればいいのです。
「のびる芽」素敵な名前だと思います。