A Random Image

湘南学園ESD

【湘南学園ESDの概説】
 ESD(Education for Sustainable Development)は、「持続可能な開発のための教育」と訳されます。これは、私たち(まだ生まれていない、私たちの子孫も含めて)が生きていくことを困難にするような問題について考え、立ち向かい、解決するための学びです。即ち、「持続可能な社会の担い手を育成する教育」といえるのです。

 「持続可能な社会の担い手」であると同時に、自分らしく幸せに生きていける力や人間性を育むこと。これが、湘南学園が「湘南学園ESD」を構築し、推進していこうと考える根本的な理由です。
 
 本校では、人格形成のカリキュラムとしての「総合学習」を実施しています。これは湘南学園の推進するESDの軸となります。中高6ヵ年の発達段階を考慮した様々なテーマを設定し、広く人間の生き方や文化について外部活動を通じて、生徒諸君の認識と行動を豊かにしていくための活動です。

<↑クリックすると拡大します>   ※見づらい場合はコチラ[PDF]


 中1では、“自分の誕生”について知るとともに、様々なハンディキャップを抱えた人々との交流体験を通して、人が生きていくことのかけがえのなさについて学びます。中2では、「自分の生きる場としての地域を守り発展させるため」に、人々はどのような努力や工夫をしているのかを知る中で、人が協力・協働して取り組んでいくことの難しさや価値について学びます。中3では、「人々が大切にされるまちづくり・村づくり」に取り組む方々との出会いを通じて、自分とは違う世界に住む人たちのものの見方や、考え方に触れ、「持続可能な未来」について考える第一歩とします。

 高校は、「現代社会」について本格的に学ぶ場となります。高1では、生命・人間の尊厳をめぐる現代の諸問題を調査・学習して深め、高2ではMDGsを足がかりに地球規模課題を調査・学習して人間観・世界観を深めていきます。高3では各界で活躍する職業人の方々をお招きして座談会を行い、「これから、自分の能力を社会の中でどう活かしていくべきか」について考えていきます。





【湘南学園ESDの目的】
 本校では、校内・校外における様々な学びを総合的にとらえ、「湘南学園ESD」として再構成したいと考えています。そのために、「総合学習と教科」「教科と教科」等の連関を模索し、学びのつながりを「見える化」していき、「ESDカレンダー」の作成を目指します。

 そのなかで、ロータリークラブやNPO等の外部機関や、卒業生・保護者・地域の方々、他のユネスコスクール(海外も含む)等との広範で強固な協力関係を築くことで、湘南学園の目指すESDのさらなる強化・発展を志向しています。

 また、グローバル化が進展するなかで、「グローバル市民」「良き市民」となるために必要な認識や行動を育てることを目指しています。

 具体的には、「様々な問題について自分で発見・理解し、適切に行動できる能力や態度」「多様性を認めて、他者と共に高めあっていく能力や態度」「国際的に活躍できる能力や態度」等を生徒が身につけられるようにしていきます。

 「大学に入りさえすれば、後はどうにかなる」という時代はとうに過ぎ、生徒たちは、モデルのない、大人にとっても未知の世界、とくに若者にとっては困難な世界で生きていかなければならない状況にあります。
 そのような中で、個々人が、自分らしく幸せに生きていくためには、「正解のない問」に自発的に挑み、解決しようとする力を育む必要があるといえるでしょう。そして、このような力を身に付けるための基盤にあたるのが中高生の時期であり、このような力をつけるためにも有効な教育がESDであると考えます。

 ユネスコスクールとなった湘南学園は、生徒たちが、自分たちの生きていく社会に興味・関心をもち、自ら学び、「持続可能な社会の担い手」が育つ場になっていきます。また、ユネスコスクールに加盟したことで、世界中の学校との交流等を通じ、湘南学園ESDの軸である「総合学習」の内容をさらに深め、拡げていくことができることでしょう。

 「総合学習」の根本に据えている「命を尊重する」ことを土台としつつ、交流によって得られるであろう国内外の様々な学校の事例も参考にし、さらに、学校以外の様々な組織との連携も広く行って活動を強化・発展させていきます。特に高校生の段階では、ESDの視点をより明確にして、「持続可能な未来」についてディスカッション等を通じて真剣に考え、自分なりの行動をとれることを目指します。この活動を通じて自分たちが学んだことを共有し合い、それを積極的に発信することで社会に働きかけ、「持続可能な未来」をつくるための主体となれるように追求していきます。また、そのような認識のもとで、英語教育だけではない「国際理解教育」の推進も図っていきたいと考えています。

学年 目的
中学1年

自分と他人、どちらも尊厳をもつ、かけがえのない存在であるという認識を育てる。

中学2年

人と人とが協力・協働していくためには、様々な対立・意見の違いを乗り越えていく努力や、互いの知恵を出し合って工夫していくことが必要であるという認識を育てる。

中学3年

共に取り組む集団を形成していくためには、自分と他者との違いに気づき、対立を恐れずに話し合ったり、その違いを尊重し合える気風が大切であるという認識を育てる。

高校1年

社会への新たな関心を広げ、善悪・真偽を分けへだつ判断能力を身につけていくために、生徒自身が学びの主体となれるようにしていく。

高校2年

地球的規模の諸課題に目を向けるなかで、世界は、様々な生き方や文化を尊重し、相互に助け合ってゆかねばならないことを理解し、異なる文化への認識を深める。

高校3年

社会を支えている人々の生き方に学んで、広く社会に寄与できる人間性を培う。


【ユネスコスクールとは】
ユネスコスクールは、1953年、ASPnet(Associated Schools Project Network)として、ユネスコ憲章に示された理念を学校現場で実践するため、国際理解教育の実験的な試みを比較研究し、その調整をはかる共同体として発足しました。2013年には60周年を迎えます。世界180カ国で約9,000 校がASPnetに加盟して活動しています。日本国内では、2013年9月現在、615校の幼稚園、小学校・中学校・高等学校及び教員養成系大学がこのネットワークに参加しています。日本では、ASPnetへの加盟が承認された学校を、ユネスコスクールと呼んでいます。ユネスコスクールは、そのグローバルなネットワークを活用し、世界中の学校と交流し、生徒間・教師間で情報や体験を分かち合い 、地球規模の諸問題に若者が対処できるような新しい教育内容や手法の開発、発展を目指しています。
 
文部科学省および日本ユネスコ国内委員会では、ユネスコスクールを持続可能な開発のための教育(ESD:Education for Sustainable Development)の推進拠点と位置づけ、加盟校増加に取り組んでいます。

ユネスコスクールのHPより)

※「ユネスコスクール」に関する詳細につきましては「ユネスコスクールのHP」よりご確認ください。


【ESDとは】
「ESD」はEducation for Sustainable Developmentの略で「持続可能な開発のための教育」と訳されています。
 今、世界には環境、貧困、人権、平和、開発といった様々な問題があります。ESDとは、これらの現代社会の課題を自らの問題として捉え、身近なところから取り組む(think globally, act locally)ことにより、それらの課題の解決につながる新たな価値観や行動を生み出すこと、そしてそれによって持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動です。
 つまり、ESDは持続可能な社会づくりの担い手を育む教育です。

文部科学省のHPより)

※「ESD」に関する詳細につきましては「文部科学省のHP」よりご確認ください。