新・体育祭

湘南学園の体育祭は高2リーダー学年を中心とした「縦割りの活動」が特徴です。
中学1年から高校2年までを5色に分け、様々なオリジナル競技で勝敗を競います。毎年、実行委員が議論を繰り返し、競技の内容からルール、当日のプログラムとその運営まで、すべてを作り上げていきます。5月の連休明けからは「特別時間割」となり、縦割りチームでの練習が始まります。中高一貫だからこそ生まれる「学び」が、ここにはあるのです。



【昨年度の新・体育祭実行委員長のコメント】
私は湘南学園の行事が大好きです。その中でも体育祭が大好きです。
なぜならば、3大行事の中で唯一全学年が関わり、優勝という一つの目標に向かって協力できるからです。
でも、中学生の頃は運動や先輩と関わる事が苦手で体育祭を楽しむことが出来ませんでした。
そんな私ですが、高校1年生の時に新入生歓迎委員会で委員会活動の楽しさを知り、みんなに「楽しかったです!」と言ってもらえた事に強く喜びを感じ、みんなに楽しんでもらえる行事作りに関わりたいと思うようになりました。
仲良の良い先輩に体育祭実行委員会を進めていただき、高校1年生の時に副委員長、高校2年生の時に委員長を務めました。
そして、中高生活でたった5回しかない体育祭を楽しみ、好きになってもらえるよう「今までで一番楽しい体育祭をみんなで作る!」を目標に委員会活動を進めていきました。
湘南学園の体育祭は実行委員だけでなく、総務委員・各色のリーダー・クラス委員・風紀委員・放送委員・先生・地域の方々・何より全校生徒の協力によって作られる物なので「一番楽しい体育祭」が必ず毎年更新されると思います。
みなさんも湘南学園で楽しい体育祭を作りませんか?