学園祭

クラスやクラブごとの企画・発表演奏などを中心とする「学園祭」は、毎年2日間で行われます。さまざまなアトラクションやエンターテイメント、さらにはフードコート張りの屋台を中心とした出し物は、実に多彩!
中学1年から高校2年までの学園祭実行委員会を中心に、すべて生徒たちの手で作り上げられていきます。毎年、学園祭テーマを決め、「テーマ曲」も設定して盛り上がることを追求したり、「来場者が、より楽しめるようにするにはどんなしかけが必要か・・・トコトン議論しあうなかで、多くの‟気づき”と‟学び”が生まれます。

学園祭
学園祭


【昨年度の学園祭実行委員長のコメント】
湘南学園の学園祭は年間行事の中でも最大の規模。湘南学園の風物詩的な存在です。そんな学園祭を作り上げていくのは、ちょっとした憧れ。中学1年生の時から、ずっと「こんな学園祭を作ってみたい」と想いを馳せ、学園祭実行委員として運営に参加してきました。リーダー学年である高校2年の時には実行委員長として学園祭を運営するに至りました。

学園祭実行委員長を務める上で私が大切にしたのは、より多くの人の記憶に残る学園祭を創り上げるためにはどうしたらいいかを常に考えることでした。湘南学園の学園祭は生徒自らが作り上げる、「生徒主体」がモットーで、無限の可能性があります。その可能
性は生徒全員によってどこまでも広げていくことが出来ます。議論に議論を重ね、生徒全員の意見によく耳を傾け、時には意見が対立しても、意見を言う誰もがより良い学園祭を作り上げたいという気持ちを持っていることを考え、徹底的に話し合いました。

また、学園祭は学校内だけのものではなく、地域の方々の支えや参加があり、より魅力的なイベントに変化を遂げています。いろんな方々に学園祭への新規参加を呼びかけ、飲食店などの出張ブースを出していただき、来場者からも好評を得られたことは忘れられません。一人一人が周りへの感謝を忘れずに、思い出に残る学園祭が今後も続いてほしいと思います。みなさんも湘南学園でみんなの思い出に残る学園祭を作り上げてみませんか?