進路指導

将来の進路をじっくりと考え、その目標に向かって着実に進む

生徒各自が、自分の進路を見据え、目標に向かって学習に取り組み課題を乗り越えながら、第1志望の大学・学部に現役で合格・進学できることが、基本的な願いです。
昨今の大学入試では、浪人生に対し、現役合格の割合が増えています。特に首都圏の難関・上位大学には毎年多数の合格者を出しています。
 
また本校では、学習への動機付けやキャリア教育への取り組みを大切にしています。

中学1年生から高校3年生までの共通の取り組みとして「生徒個人面談」があります。年度はじめの面談のみならず、年間を通じて数回の全員対象個人面談が行われています。学習のつまづきや生活面での悩みなど、面談の話題は多岐にわたりますが、学級担任はこうした生徒と接する「個と個の関係」を大切にしています。これが学習の意欲につながったり、進路について具体的に考える機会になっています。


この他、さまざまな進路に関するガイダンスや進路イベントが企画されています。

◆中3: 高校ガイダンスで学習方法などについて学びます。適性検査等も実施されます。
◆高1: 高2から始まる文理コース分けに向けて「文理選択ガイダンス」が行われます。
◆高2: 校内大学説明会、選択科目説明会、
大学キャンパスツアー、学習講演会など多数のイベントが行われます。
◆高3: 進路ガイダンスが生徒対象に行われ、保護者の方々を対象にも行われます。
進路希望調査や、それをもとにした個人面談等には多くの時間を注ぎ、教員と生徒がじっくりと将来を見つめて考えます。

 
中学校から高校までさまざまな「発見と刺激」の場を設けています。

●学習・進路プログラム 中学期 [学習活動の基盤となる基礎学力を身につける]

●学習・進路プログラム 高校期 [将来を考えた進路決定と志望を叶える学力の形成]


【進路相談室】
①大学のパンフレット、願書、各大学の過去問題や受験に役立つ参考書や問題集の設置
②自分の将来やキャリアに関する参考書の設置(「なるにはBOOK」、進路情報誌など)
③大学のシラバスの設置
④入試問題実物の閲覧
⑤生徒用PCの設置

進路相談室には、2つの機能があります。1つ目は情報提供の場であることです。大学受験に関する最新のものから過去のデータまで役立つ情報が得られるように運営されています。2つ目は、相談の場であるということです。学習進学指導委員会のスタッフが昼休みや放課後に相談室で待機し、訪れる生徒の質問や相談に応じています。


合格体験インタビュー

北里大学医学部
石原くん

中学時代の先生の授業が面白く勉強を楽しんで取り組めました
練習の厳しいハンドボール部に所属していましたが、勉強を第一優先に考える顧問の先生の教えもあり、勉強と両立させることができました。授業にしっかり集中し、家ではリラックスするという、オンとオフの切り替えを意識しました。これから様々な経験を積み、多くの人に信頼される人間になって、地域医療に貢献したいです。

東京大学文科三類
佐藤さん

浪人中も先生方から受けた様々な応援が励みになりました
中高5年間、演劇部に所属していました。個性的な仲間が多く、楽しい学生時代でした。高校3年の時には英作文の添削をメールで対応いただいたりと、学外でも先生方から大きなサポートが。一浪しましたが、夢を掴むことができ、嬉しく感じています。国語教師として活躍したいので、さらに見識を深めて学んでいこうと思っています。

高知大学地域協働学部
田中くん

研修旅行で訪れた高知に惚れて人生の方向性を決めました
高校2年の研修旅行で四国コースを選択し、馬路村の産業に触れることを通じて、高知県に非常に大きな興味を抱きました。進学、就職も高知でしたいと考え、志望校を決定。科目の多い国立大学受験でしたが、塾には行かず、先生と多くコミュニケーションを取りながら、学力を高めることのできた環境に感謝しています。

国際基督教大学教養学部
田中さん

特殊な受験科目も先生方のサポートで乗り切れました
特殊な試験方法で知られるICU。特に英語のリスニングは難しかったので、ネイティブ環境で育った先生に過去問を読んでいただいた録音テープを繰り返し聞くなど、対策を万全にしました。先生方の大きなサポートがあればこその受験合格でした。将来は世界の平和に尽力できる人間になるべく、努力を重ねていきたいです。
地域に貢献する人を育てる 「新思考入試」にチャレンジ

 

 早稲田大学
 法学部
 高平真菜

「新思考入試」は、地域に貢献する人を育てることを目的として、新しく実施されている入試です。地元の小田原市が大好きで、地域のボランティア活動などにもたくさん参加してきました。地域の魅力を発信して貢献したいと考えているので、自分にぴったりの制度だと思って受験しました。選考のための資料をビジュアル面も考えながらまとめたり、論文試験に書く内容を考えたりするなかで、中高6年間通して活動してきたことが活かされたと思います。一般入試の勉強とのバランスにかなり悩みましたが、担任の先生だけでなく、他の教科の先生も最後まで励ましてくださったのはメンタル面で大きかったです。大学では法律や条例について学び、地域で活躍できる人になりたいです。

基礎を大切にして積み上げた力で掴んだ合格

 

 横浜市立大
 医学部医学科
 千葉怜央

医学部の受験はたいへんという印象がありますが、先生には「大丈夫、いけるよ」とポジティブな言葉をかけていただいて、気持ちが後押しされました。卒業しても、いつでも来て、と言われるので、受験に必要な書類を取りにきたりしたときにも、職員室で先生と話して、気持ちがリフレッシュしてよかったです。学校の勉強は、とにかく授業をベースにこつこつやっていました。問題をいかに正確に解くかということも必要なので、基礎がすごく大事だなと、受験のなかで感じました。特に、国立の試験は時間をかけてじっくり考えるタイプの問題が多く、そこでも基礎固めの大切さを感じました。将来は、臨床の現場で、患者さんの苦しい気持ちに寄り添えるような医師を目指したいです。

学園生活も受験も、共に楽しみ、がんばれる友達がいる。

 

 首都大学東京
 法学部法学科
 大沼夏綾

学園では中高の6年間一緒に過ごすので、友達が絶対できます 受験でも友達と励ましあって、みんなでがんばれたなと思います。「Studyplus」という勉強時間を管理できるアプリがあるのですが、友達とお互いに「がんばったね」という意味を込めて「いいね」を押して応援し合ったり、自分よりたくさん勉強している人の記録を見ると、「負けられないな、もうちょっとやろう」という気持ちになって、勉強する気持ちにはずみがつきました。個性的な人が多い学校で、のびのび過ごしながら、やるときにはやる、という感じで、学園祭などでも団結してきましたが、そんな学生生活が受験にも活かされたなと思います。入試で必要な小論文や英作文は、学校で先生にみてもらって力を伸ばしました。

学園で培われた自主性と経験から、自分の言葉で伝えられた

 

 慶應義塾大学
 総合政策学部
 熊澤龍生

学園祭や委員会など、学園生活で培われた自主性が、結果的に受験にも活かされたと思います。AO入試では面接がありましたが、そこで大切なのは、自分で考えて導き出したことを自分の言葉で伝えられること。 もちろん対策も練習もしましたが、実際の試験ではまったく想定外の質問がいくつもありました。そのとき、湘南学園で経験してきたことから、自分の言葉が出て、合格できたのだと思います。クラス委員をやっていましたが、自分の周りの社会を動かせるんだという意識を、みんなに持ってもらいたいと 思って活動していました。本質を尋ねられていると感じた問いに対しても、たくさんの経験から学び、そこから得たことが、自分のなかに育っていたからこそ、応えられたのだと思います。