A Random Image

大学合格実績

【 2017春 主要大学合格実績から 】

2017年度入試 合格件数[PDF](下表と同じもの)



2017春・湘南学園高校 卒業生総数 176名
◆4年制大学合格総数 351名
 うち現役数 277名
 うち浪人数 74名

◆短期大学 1名
◆専門学校 2名
◆海外   1名
 
●現役四年制大学進学  135名(77%)
●短大、専門、海外進学へ進学  3名(2%)
●その他(浪人) 38名(22%)

 

 今春卒業した生徒は176名でした。本校の今年の入試は、現役生176名がよく健闘しました。

 まず、昨年度入試では文科省による大学の収容定員厳格化に伴い、対象となる収容定員が8,000人を超える大規模大学で、合格者数を絞り込んだようです。そうした厳しい状況下で本校のGMARCH合格者数は、昨年と比べると微増しています。さらに、現役生のみで比較した場合、33名から46名と前年比140%となっています。

 
 早慶上理に関して合格者総数で見た場合、ここ数年の中で低い数値を示しています。しかし、現役生のみで比較した場合、13名から18名と前年比約138%となっています。
(現役 2014年度22名, 2015年度26名と例年と比べると少し低い数値ではあります。)

 
 国公立では合格者総数においても、ここ10年で悪くない数字です。さらに、現役だけで見た場合、ここ10年で1番良かった2015年度と比較しても、大差ない合格者数となっています。

 
 ある中学受験模試の入学時偏差値(B日程男女平均)と国公立、早慶上理、GMARCHの現役合格者を照らし合わせてみても、今年の現役生は例年と比べるとよく伸長したと思います。

 このような結果が生まれたのも、昨年の高校3年生の学年団の先生方が生徒たちに寄り添い、励ましの面談を重ねたこと、総合学習などを通して大学での活動に対する強い目的意識を持たせた結果と思われます。特に上位層は受験校を選択する際、同じ学部学科系統でも、それぞれの大学の校風や教育方針なども含めてしっかりと検討していたようです。
 

 一方で、合格者数自体が決して良い数字とは判断しておりません。特に、早慶上理、GMARCHの合格者数には課題意識を持っております。今後、ICT教育、教科教育におけるアクティブラーニングの積極的な導入など、教育的な改革はもちろん、多岐にわたる大学入試方法を研究することで適切な進路指導(出願方法指導など)を行い、合格の可能性をあげる努力をしていきます。


【 2016春大学合格実績 】

【 2015春大学合格実績 】

【 2014春大学合格実績 】

【 2013春大学合格実績 】

【 2012春大学合格実績 】

【 2011春大学合格実績 】

【 過去6年間の大学合格実績推移 】