A Random Image

総合学習

 湘南学園は、本格的な総合学習にも取り組む私学です。生徒諸君が大学生、さらに社会人となってから、生き生きと学び続け、主体的な人生を築いていけるように、高い知力を養う教育を追求しています。6年間を通じて社会に生きる人びとから直接に学ぶ機会を豊かに設け、発達段階を考慮した様々なテーマをもとに、広く人間の生き方や文化について学んでいきます。



【本校の総合学習】
 本校の総合学習は、学年ごとに、人生の必須テーマ、現代社会・人類の抱える重要テーマを学び、問題意識と認識を豊かにしていきます。様々な価値観や多様な環境にふれて、幅広い考え方や行動の仕方を身につけていくのです。

 現代の日本と国際社会は、きわめて複雑な状況にあり、混迷を深めています。今の子供達が、これからの社会の中で自分に合った進路を選び、主体的に自己実現して生きていくことは大変なことでしょう。せっかくの中高6年間の時代に、教科の授業だけでは得られぬ様々な総合学習に取り組み、広い視野と認識を身につけて巣立って欲しいと考えて、本校は20年以上前から、系統的な「総合学習」に取り組んできました。

 各学年では、生徒達の発達段階を考慮したテーマ学習を設けて、広く社会、文化や人間の生き方を学んでいます。中1では身近な社会福祉を交流体験を通して学びます。中2では身近な地域の諸産業にとりくむ人びとを知り、中3では過密・過疎など全国各地の異なった地域に生きる人びとの苦労や努力を知ります。高1では生命・人間の尊厳について現代の諸問題を調査学習して深め、高2では地球規模の課題を調査学習して人間観・世界観を深め、改めて日本国内の諸現実に向き合います。高3では各界で活躍する職業人の方々をお招きして座談会を行います。

 校内での諸学習のみならず、校外フィールドワークも通して、我々教員だけでは与えられない教育力を社会に生きる方々から頂いて、生徒の認識と行動力を豊かにしようとしているのです。


◆貴重な出会いと体験
総合学習では、社会に生きる様々な人々との出会いを大切にしています。生徒たちの成長の大いなる糧になります。
 
 
◆「人間力」の基本を育てる
溢れる情報に惑わされることなく、自分の頭で考え、判断し、行動できる力を養います。
 
 
◆「学年の日」プログラム
自分たちで学年集団をまとめ、皆で楽しむ。これこそが「学年の日」の醍醐味です。生徒たちの創意工夫が存分に活かされる活動となっています。


 
『貴重な体験から学ぶ』
世の中には様々に生きる人たちがいて、大切な仕事があり、
それらがすべてつながり合って社会を形成しています。
そのつながりの中に自分も存在していることを知り、
自分がどんな役割を担っていけるのかを考えることが大切です。
総合学習では出会った人々から学び、視野を広げていく体験ができます。

(↓ クリックすると拡大します。)


 
▼学校紹介動画「総合学習プログラム」はコチラ



▼2012・2011年度 総合学習の記録はコチラ