数学

数学の楽しさを伝え 論理的思考力を育みます




<教科の特色>
 湘南学園の数学科では6年間の学習を通して、大学受験に必要な数学力を身に付けることにとどまらず、生徒が社会に出たときに物事を論理的に考え、それを相手に伝えられる力を養うことを目標としています。そのために、単に公式を覚えさせ問題が解けるような授業を行うのではなく、「なぜその公式を使うのか」や「どのような道筋で考えていくのか」、「その内容が世の中の何に通じているのか」などの事柄を大切に、授業を展開しています。
 
<教科より>
 中学では、大まかに「代数計算処理」と「幾何回死考線」の分野に分けて授業を行っています。授業では、単に問題を解いて、解説を聞くといった講義型の授業だけではなく、グループになり問題の解き方を話しあったり、生徒同士で教えあったりする時間を作るなどして、思考力や表現力を身につけられるようにさまざまな工夫をしています。